• 募集要項募集要項
  • スケジュールスケジュール
  • 感想・体験談感想・体験談
  • 働く仲間働く仲間
  • よくある質問よくある質問
  • 高校生インターン高校生インターン

インターンシップ感想・体験談

internship074_a
internship074_sp_a
internship074_b

インターンを始めた時期

2014年9月

なぜインターンを始めようと思ったか

就活前にバイトでは得られないことをしたいと思って、インターンに参加する学校のプログラムを申込みました。服飾の大学なのですが、私の場合はモノを作るコースではなく論文を書くコースなので、先生にも販売のインターンなどを紹介されてしまって(笑)どうしてもバイトではできないことをしたくて、先生に受入先企業を変えてもらえるようにお願いをしました。(笑)そうしたら「普段は他のコースからしか行けない企業なんだけど、そこに行ってみたら?」とJESTOを紹介してくださったので、ここでインターンすることになりました。

現在の仕事内容

SKYCHの都市の魅力ガイドの作成、ストリートスナップの撮影、TOKYO RUNWAYの取材をしました。あとは自分たちで企画を考えて、高円寺の古着屋さん紹介記事を書いたり、新人デザイナーさんのインタビューにも行って記事を書きました。

internship074_c2

JESTOに入って良かったこと、自分の変化

記事を書くまでのプロセスを理解できたということが私的にはとても良かったなと思います。学校でジャーナリズム論という授業を取っているのですが、その授業が個人的にとても好きでファッションジャーナリストという仕事にも興味があるんです。だから今回、ファッションショーのような現場に行って、沢山の記者に紛れながら自分で実際に囲み取材を行なったりすることができたのは本当に勉強になりました。
それから、人間関係や会社の雰囲気を良くするという努力を私もしなければいけないなと思いました。元々あまりワイワイしたりするのは得意じゃないんです。でもJESTOでは、今井さんも藤井さんも他のインターンの方にしても、自分から積極的に輪に入ろうとしたり楽しい雰囲気を作ろうとしているのが感じられたので、私も自分から何か行動するようにしなきゃいけないなと思うようになりました(笑)

JESTOを一言で表現するとどんな会社か

「カレーの具」
具によってカレーの味も変わってくるし、それぞれの役割も違うし、煮込み時間などでも味が変わるじゃないですか。どんなインターン生がいるのかによっても会社の雰囲気は変わるし、会社にいる人達の人間像や社員さんが作る空気によっても雰囲気って変わると思うのでこれにしました!

JESTOでの今後の目標

JESTOに来て企業選びの基準や考え方が変わったし、色々な体験をさせて頂いたことで「どんな仕事が来てもやってみよう!」という考えになったので、今後就活のときに役立てていきたいです。

新しいインターン生に向けて一言

「自分から動かないと何も得られないし、自分から動いた方が色々なことが得られる」と私は思いました。現場にも行かせてもらえるし、本当にJESTOのインターン良いですよ!

< インターンシップ体験談・感想トップに戻る

  • エントリー
  • 募集要項
  • スケジュール
  • 感想・体験談
  • 働く仲間
  • よくある質問
  • 高校生インターン

過去のインターンシップに関する
コンテンツはこちらから

Get in touch,

TOKYO

〒158-0082
東京都世田谷区等々力5-19-4