• 募集要項募集要項
  • スケジュールスケジュール
  • 感想・体験談感想・体験談
  • 働く仲間働く仲間
  • よくある質問よくある質問
  • 高校生インターン高校生インターン

インターンシップ感想・体験談

internship053_a
internship053_sp_a
internship053_b

インターンを始めた時期

2013年6月中旬

なぜインターンを始めようと思ったか

夏休みは日本に帰ってくるのが決まっていたので、日本でできるサマーインターンを探していました。インターネットでJESTOのインターンシップを見つけ、Fashion関連の企画などを見ているうちに、大学で学んでいることを照らし合わせて活かせると思いました。

また高校生からずっとアメリカだったので、日本の企業はなんとなく堅いイメージがあり、それを自分の目でみたいと思ったのもJESTOのインターンシップに応募した理由のひとつです。

現在の仕事内容

主にFashion JapantwoとWEBデザインに携わっています。Fashion Japantwoではニュースの翻訳、イベントなどのまとめを作り、WEB上のどのように載せるかというデザインもしています。先月や取材、展示会、スナップにも行きカメラの使い方も学びました。WEBデザインではクライアントさんのものを任かせて貰っています。

internship053_c2

JESTOに入って良かったこと、自分の変化

Fashion Japantwoではたくさんの子たちと意見を交わせ、改めてチームワークの大切さが分かりました。普段の生活だと「話し合うこと」をおろそかにしてしまいがちなので、学校に帰ってからも活かしたいと思います。
WEBデザインではクライアントさんのリクエストにあったもの、要求に沿ったものを作るのは初めてで、とても難しかったです。学校でやっている内容とは違い、仕事の大変さを学びました。まだまだ社会に出て勉強しなければいけないと思いました。

JESTOを一言で表現するとどんな会社か

シェアハウス。一緒に住むと人の嫌なところも良いところも見えるので、全部含めて受け止めることが大事です。JESTOはみんなバックグランドが様々ですが、自分だけの観点であまりジャッジしません。色々な考え方をシェアすることができます!

JESTOでの今後の目標

ニューヨークに帰っても、時間がある時はFashion Japantwoの企画を考えられたらいいなと思っています。Tokyo Kawaii TV(NHK)みたいなものを探せたらやってみたいです!Fashion Japntwoをもっと日本、そして海外の人たちに知って貰いたいです。

新しいインターン生に向けて一言

JESTOでは学校やバイトでは学べないことを体験することができます。
実際に色々なプロジェクトに参加し、社会貢献をすることができ、そして失敗から学ぶことができます。試すこと・チャンレンジすることは全てを決めます。
JESTOでのインターンシップは将来のキャリアの積み上げていく上でとても貴重な経験となるでしょう。興味のある方はぜひトライしてみるといいと思います。

 

< インターンシップ体験談・感想トップに戻る

  • エントリー
  • 募集要項
  • スケジュール
  • 感想・体験談
  • 働く仲間
  • よくある質問
  • 高校生インターン

過去のインターンシップに関する
コンテンツはこちらから

Get in touch,

TOKYO

〒158-0082
東京都世田谷区等々力5-19-4