沿革

このページでは、株式会社JESTOの沿革をご紹介します。

2010年4月

株式会社JESTOを設立

共同創業者の斎藤と藤井が2010年4月に株式会社JESTOを設立。資本金300万円、6畳1部屋、家賃7万円で目黒の一室でスタート。

2010年5月

Japantwo.comがサービス開始

日本に住む、自分たちだからこそ紹介できる日本の魅力を海外に伝えるというミッションのもと、Japantwo.comをスタート。斎藤が、前職の株式会社ネットプライスで、日本の商品を海外に販売するE-commerce事業を立ち上げた経験から、日本人と在日外国人による日本の生の情報を伝えたいという思いからサービスを具現化。

地道に取材活動

サービス開始後は、とにかく自分たちの足を使って現地に赴き取材をする。日本の伝統的な文化だけでなく、ファッションやアニメ、旅行など日本全国を駆け巡る。

2010年7月

成蹊大学新聞に取り上げられる

創業時から、成蹊大学の学生3人が操業メンバーとして活躍。ITベンチャーに挑む大学生ということでスポットが当てられた。

2010年8月

初のインターン生!

今では、大勢のインターン生を受けているが、この頃はインターンということ自体まだ定着しておらず、スタッフの皆も少なからず不安を感じながらインターン生第一号のriinaを迎えいれることに。彼女の頑張りと活躍があって、インターン生の積極的な受け入れを開始する大きなターニングポイントとなった時期でした。

2010年11月

TOP BLOG IN JAPANに選出

サービスを開始して、半年が経過したJapantwo.comが日本のトップブログの選出

2010年6月

オフィスの人口密度が急上昇

インターン生や社員も増えて、机やパソコンが足りなくなる日も出てくる。しかしながら、売り上げも芳しくなく、引越できる余裕もない。
そんな折、知人の方に紹介していただいた不動産屋さんが掘り出し物物件をもってきてくれる。賃料も破格の条件でオフィス移転を決断。

引っ越しも徒歩2分圏内なので自分たちで。

2011年7月

オフィス移転

引っ越し先のオフィスは、かなり年代物の物件。リフォームできるのが一番だが、自分たちで、壁を塗ったり、掃除をしてリフォーム。家具もそろえて、ようやく引っ越し。

約3倍の広さで50平米。MTG部屋もあります。

2011年9月

ベン子が入社

JESTOのマスコットキャラでもあるベン子が南極からJESTOに入社。 JESTOで愛されているマスコットキャラです。

2012年3月

2周年記念パーティ

2周年記念パーティということで普段お世話になっている人を含めて大勢の方にパーティに参加していただきました。 色々ハプニングもあり、JESTOの語り草ともなっています。

2012年5月

「tsuki magazine」創刊

国内初、世界中のクリエイターによる日本をテーマとしたオンライン雑誌「tsuki magazine」を創刊。数多くのメディアに取り上げられました。

2012年8月

インターン生の受け入れが50人突破!

夏休みということもあり、インターン生の受け入れが増加。そして、総受入人数が50人を突破しました。次の目標は100人!

2012年10月

世界一過酷なマラソンレース「サハラマラソン」に挑戦

藤井が、世界一過酷なマラソンレース「サハラマラソン」に挑戦を表明。日間で約250キロ走破するサハラ砂漠マラソンレースです。 社内では生きて帰ってこられるのかという心配の種を残しつつも、本人は気楽に旅立つ。無事に一週間のレースを完走して無事帰国しました。

2012年10月

ゴリオが入社

ベン子の次はゴリオが入居。チンパンジーなのですが名前がゴリラから派生してゴリオと命名。ベン子とゴリオの2枚看板がスタート。

2013年3月

チンパンジーのマスクが大流行

なぜか、社内でチンパンジーのマスクが大流行。マスクを被りながら仕事をしている人がいました。

2013年3月

3周年記念パーティ

3周年記念パーティは今年もバーベキューパーティ。この時期には珍しくとても寒い天候でしたが、今年も大いに盛り上がりました。

2015年6月

初の社員旅行

創業依頼初めての社員旅行はイルカに会いに御蔵島と八丈島へ!悪天候にも関わらず、様々な思い出づくりになりました。

ACCESS MAP

JESTOへの交通アクセス情報をご紹介します

働く仲間

チームメンバーをご紹介します

インターンシップ

インターンシップ制度について

採用情報

採用情報について

Get in touch,

TOKYO

〒158-0082
東京都世田谷区等々力5-19-4